製品紹介

製造別技術紹介Technical introduction by manufacturing

切削加工品 | ヘッダー・転造加工品 | 表面処理 | 塗装 | メッキP328

切削加工品切削加工品とは、金属材料を、バイト・ドリルなどと呼ばれる工具を用いて切ったり、削ったりしながら任意の形に成形した加工品となります。材料には、真鍮、ステンレス、鉄鋼などが多く使用されます。仕上げとしてはメッキ、塗装などが施されます。当社製品としては、ツマミ、フック、インサートナットなどがあります。ヘッダー・転造加工品ヘッダー加工及び転造加工とは、主にネジ加工用に開発された加工方法となります。ヘッダー加工とは、ネジの頭を成形する加工で、転造加工とは、棒状の金属材料を回転させながら、転造ダイスと呼ばれる金型でネジ部を成形する加工となります。材料には、ステンレス、鉄鋼などが多く使用されます。仕上げとしては、メッキ、塗装が施されます。当社製品としては、小ネジ、タッピングネジなど各種ビスなどがあります。特注品として、ネジ部はΦ4.5で、頭部はΦ4.0用ものを採用した、意匠性に優れたネジなどもあります。表面処理塗装一般的な溶剤塗装として、メラミン焼付塗装、アクリル焼付け塗装などがあります。その他、粉末状の粉体塗料を静電気の力を利用して塗装する粉体塗装、厚めの皮膜が得られるポリエチレンコーティングなどもあり、下地もしくは耐食性の良さから外観にも使用されるカチオン電着塗装などもあります。求める外観や耐食性に応じて適切な仕上げを選択し処理致します。メッキ亜鉛メッキ、クロムメッキ、ニッケルメッキ、銅メッキ、金メッキなど各種メッキ処理を、求める外観や耐食性に応じて適切な仕上げを選択し処理致します。

PAGE TOP